在籍確認なしのカードローンは即日で借りられるの?

在籍確認なしのカードローンは?即日融資は可能?

 

即日融資のカードローンなら、消費者金融業者などで取り扱いのあるローン商品がいいでしょう。銀行のカードローンは実質上、即日融資は不可能な状態になっています。ただし、在籍確認は厳密な意味では必ず実施されます。

 

電話連絡による在籍確認を回避できるカードローンはありますが、職場への電話以外の方法で在籍確認とします。在籍確認という工程は返済能力の確認として審査では不可欠なプロセスですので、まったくなしで済ませることはできません。カードローン審査なしでお金は借りることはできませんん。

 

在籍確認とはそもそも何? どうしても必要?

在籍確認とは

在籍確認は、キャッシングやローン、クレジットカードなどに申し込んだときに審査の一環として実施されるものです。申し込みした人が申告した通りの勤務先で働いている実態があるかどうかを確認する作業です。

 

この工程は、キャッシングなどの審査では必須で、法的な根拠もあります。

 

貸金業法第13条では以下のように定められています。

 

「貸金業者は貸付の契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入または収益その他の視力、借入の状況に関する事項を調査しなければならない」

 

ここでは返済能力の調査を義務付けており、年収の3分の1を超える貸付をしてはならないこと、貸付合計額が50万円を超えるときには年収証明の提出の義務があることを定めています。貸金業者の取り決めとして、年収証明の提出義務がない場合であっても、在籍確認などによって返済能力を調査することになっています。

 

在籍確認によって、その人に確かな返済能力があることを貸金業者は確認し、そのうえで貸付の契約を結びます。実際に勤めていない会社を申告したり、すでに退職している会社を申告したりする人は後をたたないため、実際に勤務先に電話を掛けて確認する必要性が生じているのです。

 

不正申し込みを防ぐ目的がある

在籍確認は、主に申込者の勤務先に金融機関が電話を掛けることによって実施されますが、そうしなければならないとは定められていません。実際には最も嘘をつきにくいのが電話だからという事情です。

 

たとえば、誰かが落とした社会保険証を拾った人が、その人の情報を勝手に使って消費者金融業者に申し込んだとします。仮審査は個人情報だけで審査するので通過できても、最終段階で職場に在籍確認をしたら、保険証を落とした本人には身に覚えのないことです。ここで虚偽申告が発覚します。

 

保険証を拾った人が勝手に他人の名前をかたってお金を借りようとしていたことが分かれば、金融機関はその借入契約を結ぶことはありません。もし、ここで在籍確認がなければ、保険証を落とした人に、自分が借りてもいない借金の返済請求が来てしまったでしょう。

 

また、仕事を辞めてしまって無職になった人が、お金が足りなくなって消費者金融業者へ申し込んだとします。この人は無職なので借りたお金を返済する当てはありません。借りたら踏み倒してしまおうと考えていたとすると、もし借入契約を結んで実際にお金を借りられてしまったら金融機関はまるごと損失を出してしまいます。

 

この人が辞めてしまった前職の情報で申し込みをしたとき、業者が在籍確認の電話連絡をして「もう退職しました」と伝えられたら、こうした被害は未然に防ぐことができます。

 

面倒な手続きですが、もし自分の情報を不正利用されてしまったとき、電話連絡による在籍確認のおかげで被害を防ぐことができます。嘘をついてでもお金を借りようと考えている人は、意外に多いものです。

 

少しでも悪質な申し込みや虚偽申告を減らすために、金融機関は在籍確認を実施しています。確実で素早く終わる手段が電話による連絡ですので、業者はこの方法で確認しようとします。

 

返済能力の調査である

在籍確認の電話は、申込者が実際に申告した通りの職場に勤務しているかどうかを確かめるための電話です。必ず電話で連絡すべきなどということが貸金業法や銀行法によって定められているわけではありません。ただ、こういった法律で返済能力の調査義務という条文があるために在籍確認をします。

 

法律としては実際には電話連絡をしなくて良いですし、申込者の返済能力が別の手段によって確認できるのであれば、在籍確認そのものをしなくても良いとも解釈できます。

 

実際に、大手の消費者金融業者では1960年代にアコムが電話連絡によって在籍確認を始めたのが、現在の在籍確認の先駆けという説もあります。手早く確実な方法が電話だったというのが、電話連絡による在籍確認の発祥です。

 

業者の立場から考えると、申し込みを受け付けた時点は申込者と業者の間には何の信用も存在しません。申込書に記載された内容から業者は様々なことを読み取っていきますが、本当に申込者が働いていて、その勤務先から給与が出ていることは申告内容だけでは判断が付きません。

 

虚偽申告をしている可能性は残っています。そこで、その人が勤務していると申告した場所に連絡して、実際に勤務実態があるかを確認することで、本当に働いてるのだと業者は理解します。

 

在籍確認は単に申告内容の確認という意味合いだけでなく、返済能力の有無を調査する一環として実施されます。

 

即日融資で在籍確認の電話連絡がないカードローン

SMBCモビットのWeb完結型

即日融資に対応している消費者金融業者で、確実に在籍確認の電話連絡をなしにできるのは、SMBCモビットのWeb完結型申し込みです。

 

この申し込み方法では、来店不要・電話連絡なし・家族に借入を秘密にできるという条件をすべて満たしており、大手のなかではSMBCモビットだけのサービスと言えるほど貴重な存在です。

 

【SMBCモビットの特徴】
  • ノンバンクカードローンの顧客満足度で第1位を何度も獲得したことがある。
  • 郵送物なしのWeb完結の申し込みが可能。
  • 限度額が800万円と高額。
  • 三井住友銀行の支店内にある契約機でカード受け取りが可能。

 

【Web完結型の申込条件】
  1. 申込者本人名義の三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っていて、返済用口座に設定できること。
  2. 社会保険または組合保険に加入している。

 

銀行口座は用意できても、2番目の条件のハードルが高いかもしれません。社会保険は会社の正社員が加入する保険で、組合保険は公務員が加入する保険であるため、この2つ以外の雇用形態である人は利用できないことになるからです。

 

たとえば派遣社員やアルバイト、自営業者はこういった保険には加入できないので、最初からWeb完結型での申し込みはできないことになります。近年ではアルバイトや派遣社員などの非正規雇用でも社会保険に加入できることがありますが、このときには申し込み可能です。

 

プロミスも電話連絡なしにできる

プロミスは相談次第で在籍確認の電話を回避することが可能です。

 

基本的には電話での確認ですが、たとえば個人情報にうるさい会社であるとか、個人名での電話連絡に支障があるなどといった理由があれば、担当者に相談して他の手段で在籍確認をすることができます。

 

自分の勤務先に名指しで電話が入るのは、他の人たちに怪しまれてしまうなどの場合には、コールセンターに相談すれば回避できる可能性があります。在籍確認を電話以外の代替手段で行うことで審査が不利になることは基本的にはありません。

 

審査の内容によっては電話での確認が必要とされるケースもあります。その場合も事前に連絡が来ます。

 

【電話による在籍確認の回避方法】
  • 申し込みの際に「フル入力」ではなく「カンタン入力」で申し込むこと。
  • 携帯電話などに掛かってくる聞き取りのついでに在籍確認の相談をすること。
  • フル入力を選択したら、自分でプロミスコールへ連絡すること。

 

カンタン入力は入力項目の少ない方法で、これで申し込みするとプロミスの担当者から詳しい内容の聞き取りをすることになっています。本来的には、パソコンやスマホの操作に慣れていない人向けの申込方法です。

 

パソコンの操作に慣れている人でも、カンタン入力で申し込むことによって、必ずプロミスと連絡が取れるようになります。

 

プロミスでは、申込者の事情を考慮して電話連絡なしで審査可能ですが、審査の内容によっては電話以外の在籍確認が認められないことがあるので注意しましょう。

 

たとえば勤続年数が短いとか、他社借入が多いなど「審査通過のために必要な信用力が足りていない」ときに、電話による在籍確認で不足分を補う必要が出てきます。このときには職場に電話で連絡が行きます。

 

絶対に在籍確認の電話連絡を回避したいときには、事前に携帯電話に連絡してもらいたいと明確に伝えておきましょう。電話が必要になったという時点で手続きを打ち切ることも可能です。

 

アコムは相談次第

アコムは消費者金融業者のなかでも審査に通りやすい傾向のある業者です。審査通過率も高いと言われており、積極的に顧客を拡大しようという意図が感じられます。

 

電話連絡による在籍確認は多くのユーザーに不評で、なんとかして避けたいもののひとつです。職場に電話が来るくらいなら、別に無理して契約する必要もないと考えたことのある人は多いでしょう。

 

アコムは、そういったユーザーの声に敏感で、「電話連絡なしでの契約」をある程度の条件で可能にしています。

 

申し込んだ人すべてに電話なしで契約をしているわけではなく、事前にしっかりと相談しておく必要はありますが、「なるべく貸す」方針のアコムはユーザーの事情を考慮してくれる傾向があり、電話連絡の回避がしやすい業者です。

 

実際の方法としては、申し込みのときに事前に担当者に相談しておくことです。アコムでは申し込みをした後に確認のために本人の携帯電話などに連絡を入れることになっているので、このときに職場への連絡は困るという事情を説明しましょう。

 

場合によりますが、社会保険証など会社が発行する書類の提出によって在籍確認とすることが可能です。

 

とはいえ、審査の結果次第というところがあり、絶対に電話連絡を回避できるわけではありません。

 

「審査の結果による」のは、申込者が余裕を持ってアコムの審査に通過できるほど属性が強くない場合が考えられます。他社借入の件数や金額、勤続年数などの条件が弱いときに電話連絡が必須となることが考えられます。

 

逆に、他社での借入が少なく、勤続年数が1年以上あれば電話連絡を回避できる可能性が高くなります。

 

アイフルは電話連絡なしに協力的

SMBCモビットやプロミス、アコムなど大手の消費者金融業者のなかで、電話連絡なしで在籍確認としてくれる可能性が最も高いのがアイフルです。アイフルは、審査の工程で会社に電話連絡されるのは困るという人の要望を聞き入れてもらいやすく、非常に協力的です。

 

とはいえ、勤務している実態をつかみやすい電話連絡によって在籍確認とするというのが基本であることには変わりなく、なるべく電話を職場に掛けたいという方針です。ただ、どうしても困ると相談すれば会社発行の社会保険証や給与明細などによる対応が可能です。

 

原則は電話ですが、勤務先を証明できる書類があれば会社への連絡なしで契約可能です。アイフルで在籍確認の電話連絡なしにするには、相談するタイミングが大切です。

 

アイフルの契約はおおよそ以下のような流れになっています。

 

  • 公式サイトから申し込み
  • 携帯電話に確認電話
  • メールで仮審査結果通知
  • 必要書類の提出
  • 無人店舗またはインターネットで本審査と契約手続き

 

アイフルの担当者と話ができるのは、申し込み直後の確認電話だけというケースがほとんどです。ここで相談しないとアイフル側の審査は素早く進行して、職場に連絡が行ってしまいます。インターネット申し込みから折り返し連絡が入ったタイミングで相談しましょう。

 

即日融資のコツ

大手の業者では、SMBCモビットのWeb完結型申し込みを除けば、どれも「相談次第で電話連絡を回避できる」というもので、しかも審査次第では在籍確認で職場へ電話連絡することになっています。

 

この「審査次第」というのは、ある程度申し込む側で調整することができます。

 

大手の業者は毎日多くの人の審査をしています。そのため膨大なデータを保管しており、年齢と会社の規模や業種で収入がどのくらいになるのかという実態をかなり正確に把握しています。それだけ長年のノウハウの蓄積があり、申込内容に不審な点があれば必ず疑われます。

 

審査で有利になりそうだからといって、たとえば収入を多目に申告したり、業種を曖昧にしたりすると電話での在籍確認が必要となったり、収入証明書の提出を求められるこおがあります。

 

このとき、申告した内容と違っているとき虚偽申告として審査落ちしてしまいます。逆に、申告の内容を誤りなく正確に入力しておくと信用に足る人と判断されます。

 

また、希望限度額は低めに設定しておくと良いでしょう。年収300万円の人が100万円借りるよりは、10万円のほうが審査が簡単になるのは当然のことでしょう。

 

申込時に希望限度額を入力しますので、必要最低限の金額にしておきましょう。すると、勤務先への電話連絡を回避しやすくなります。

 

カードローンの審査では「10万円」「30万円」「50万円」「100万円」で徐々に難度が上がっていきます。無理に高額を希望せず、まずは審査に通過することを考えましょう。

 

在籍確認なしのカードローンに関するニセ情報

街金なら在籍確認がない

街金と呼ばれる地域密着型の中小の消費者金融業者があります。「審査が柔軟」「審査に通りやすい」として評判になっているところもあり、近年ではインターネットを通じて全国から申し込める業者が人気になることもあります。

 

元来は地域の中小企業や商店、個人事業者などに融資をしていた金融機関が、個人向けに融資を始めたという経緯もあり、柔軟な審査に定評があって信頼性も高い業者は数多く存在しています。

 

そういった審査の通りやすさや柔軟さが勘違いされて「街金なら在籍確認がない」と考えられがちですが、実際にはまったく逆で、むしろ必ず職場に連絡して在籍確認をする方向性です。

 

こういった業者はSMBCモビットやアイフルなどの大手業者に比べて「ブラックでも貸す」というくらいに柔軟な審査が持ち味です。過去に返済上のトラブルがあったり、債務整理や自己破産の経験があったりしても、現在の返済能力や信用から判断して積極的な審査をします。

 

そのため、申込者の今の状態を確認するためには、申告した通りに働いているかをチェックするための職場への電話連絡は欠かせません。

 

ネットでは、中小の業者は在籍確認なしでも貸してくれるという情報が出回ることがありますが、おそらくヤミ金などと混同されて認識されているか、ヤミ金自身が目立つためにステルスマーケティング的にそういった情報を流している恐れがあります。注意しましょう。

 

銀行のフリーローンには在籍確認がない

即日融資とまったく関係ありませんが、在籍確認に関する誤った情報として良く取り上げられるものに、「銀行のフリーローンには在籍確認がない」というものがあります。これは銀行でローンを組むときに、あっさりと審査に通る事例が多くあるために広まった噂と考えられます。

 

地方銀行に顕著ですが、銀行は一般的に自行のユーザーに対する審査が緩めになる傾向があり、そのために在籍確認なしで借りることができたという思い込みが発生するのも無理ないところでしょう。

 

銀行はローンを組むにあたって実はかなり厳格な基準を適用しており、フリーローンで職場への電話連絡なしで審査に通る可能性はかなり低いと言っていいでしょう。自分のメインバンクとして使っていて、給与振込や公共料金の支払口座指定をしている場合でも、ローンを組むときには在籍確認があります。

 

職場が個人への電話を取り次がないことや、正社員として雇用されていて収入の安定性が高いことなどの条件が揃えば、社員証や社会保険証で電話連絡の代用とすることはあり得ますが、借入額が高額になりやすいフリーローンでは難しいでしょう。

 

女性向けは在籍確認がない

女性がお金借りたいケースもあるはずです。その場合、女性向けのカードローンというものもありますが、審査で特別有利になるわけではありません。実際にはカードローンの審査に性別による有利・不利はありません。

 

消費者金融業者を利用する人の多くは男性で、女性は仕事をしている人でも「お金を業者から借りる」ことへの抵抗感が根強くあります。そのため、業者は女性に利用しやすい環境を整えて、受け付けから審査まですべて女性が担当する申し込み窓口を備えています。

 

女性が利用することを想定して開発されたローン商品も提供されています。優しく丁寧に応対してもらえるため、このようなローンでは女性が特に嫌がる在籍確認の連絡がないと希望的観測で述べられることが多いようですが、実際には在籍確認の電話連絡は必ずと言っていいほど実行されます。

 

女性の場合は特に、収入がない専業主婦がうっかり申し込んでしまって後から厄介な事態が起きないよう、審査では「働いていること」を重視して職場への電話連絡は行われます。

 

即日融資にこだわらなければ在籍確認なしの銀行のカードローンがおすすめ

三菱UFJ銀行の個人向けローン商品としては、口座開設が不要で申し込める「バンクイック」が有名ですが、この銀行が提供している「マイカードプラス」も使い勝手の良いローン商品で、在籍確認がほぼ不要です。

 

ただし、三菱UFJ銀行の口座開設が必須で、店頭で開設を申請するには運転免許証かパスポートがないと申し込めないというデメリットがあります。郵送申し込みでは開設までに3週間ほど、スマホのアプリから申し込んでも1週間以上は必要です。

 

そのため、元から三菱UFJ銀行に口座がある人にほぼ限定となってしまいますが、マイカードプラスは在籍確認の電話連絡がありません。

 

申し込んでから借入できるようになるには2週間程度の時間が必要となりますが、保証会社がアコムなため審査には通りやすいと評価されています。

 

三菱UFJ銀行「マイカードプラス」の概要
金利 14.6%
限度額 30万円(増額申請で100万円まで可能)
申し込み条件
  • 満20歳以上65歳未満
  • 安定かつ継続した収入があること

 

セブン銀行カードローン

セブン銀行はセブンイレブンの店内にATMを設置するために設立された銀行ですが、近年では普通預金口座を開設できてローン商品も投入されています。

 

あまり知名度は高くありませんが、こちらも在籍確認の電話連絡なしで申し込めるローンです。口座があることが条件となっていますが、ローンと同時に口座開設を申し込むことも可能です。

 

マイカードプラスと同様、あまり高額の融資は受けられませんが、在籍確認の連絡なしというのは大きなメリットと言えるでしょう。保証会社がアコムで、一定の基準以上であれば審査には通ります。

 

口座が開設してあれば、審査にかかる時間は2営業日程度で、審査に通過すればすぐに借入が可能です。ただし、利用できるATMがセブン銀行のATMだけというのがデメリットです。ローソンやミニストップなどのATMは利用できません。

 

セブン銀行ローンサービスの概要

金利 15.0%
限度額 10万円(申請して50万円まで増額可能)
申し込み条件
  • 満20歳以上80歳未満
  • セブン銀行の口座が必須

 

地方銀行のカードローン

さらに、地方銀行に目を向けると勤務先に電話を掛けないと明言しているローン商品は数多くあります。

 

普通預金口座を持っていることや口座振替による返済が基本となっていること、原則的に営業エリアからしか申し込めないことなど不便な点はありますが、即日融資にこだわらなければ充分に検討する価値があります。

 

【在籍確認の電話連絡なしで借りられるローン商品のある地方銀行】

 

  • 秋田銀行
  • 七十七銀行
  • きらぼし銀行
  • 中京銀行
  • 大垣共立銀行
  • 広島銀行
  • 中国銀行
  • 鳥取銀行
  • 大分銀行
  • 宮崎銀行

 

これ以外にも信用組合や信用金庫のローン商品には、在籍確認の電話連絡なしで申し込めるものが多数あります。地元の金融機関のホームページなどを見てみましょう。金利が低く、審査が柔軟で借りやすいものも数多くあります。

 

まとめ

在籍確認の電話連絡なしでも消費者金融業者から即日融資を受けることは可能です。業者としては、貸金業法の規定にあるので電話連絡をしたいと考えていますが、他の方法で代用できるケースが多くあります。担当者に良く相談してみましょう。